たなの生き物飼育日記

【ヒメハコヨコクビガメ】オス2匹+メス1匹を導入して、ヒメハコ繁殖再始動

ヒメハコのコンゴ(ペア)と、ザンビア(ペア)の2系統ペアを飼育していたのですが、冷やしすぎてオス2匹を落としてしまいました。(耐寒性はメスのほうがあって、冷やすと、まず先に落ちるのはオスです。)

私は無謀にもヒメハコの耐寒性実験をしたので、そのレポートを後日、記事に書こうと思います(私はヒメハコの耐寒性実験の過程でオスを落としてしまったので、本当に大馬鹿者です・・・)。

ヒメハコは有精卵を採れるところまで行ったので、ぜひともブリードに成功したい!という熱意があって、ずーっとオスを探していました。

やっとオス確定の2匹(WC1、CB1)をゲットして、ヒメハコのブリード再始動です。

導入したヒメハコの紹介

2018CB(オス)

2019年6月23日(日)のブラックアウト東京(浅草)で、「ACE」さんからゲットしました。

購入後に発覚したのですが、この個体は腹甲と背甲に隠れたシェルロットがありました・・・orz

恐らく雑なキープ状態で、前の飼い主かACEさんで飼育されていた時に、水の汚れ+ストレスでシェルロットが出来たと思われます。(ちゃんとしっかり管理して欲しいものです)

緊急オペでシェルロットを除去し、毎晩「アイポッシュ」と、「ゲンタシン軟膏」で消毒で良くなってきています。

幸い、餌食いが良いので時期に治るでしょう。

まだ子ガメですので、繁殖に使えるようになるのは3年後くらいかなぁ??(早くて2年後かな)

コンゴ(WCペア)

画像出典:「アライブ

アライブ」さんで、コンゴ(フルアダルトペア)をゲットしました。

こちらのオスは即戦力です。

アライブさんに見に行った時もメスに乗っており、バリバリやる気満々で超期待大!(すぐさま購入しました。)

これから活躍してもらいます。

メスは本当は要らなかったのですが、ペア売りなのでメスもゲット。

このメスもアダルトなので、早く卵を産んでほしいもの(期待大)。

まとめ

これでオス(小さいので系統不明1、コンゴ1)、メス(コンゴ2、ザンビア1)となります。

あと、気長にザンビアのオスを探します。

とりあえず、ヒメハコブリードの再始動が出来て本当に良かった!!

ヒメハコヨコクビガメ(英名:African dwarf mud turtle 学名:Pelusios nanus)