女性暴行→家宅捜索→大麻発見→大型ヘビやワニを無許可で飼育発覚!役満クラスでスゴイ!(埼玉発)

メガネカイマン違法飼育
スポンサードリンク

こんばんは。ナイスミドル(自称)のたな(@tanacc)です。

この事件を6月8日に知りましたが、思わず笑ってしまいましたwww

芋づる式に悪事が出てくるとは、まさにこんな感じでしょうね。

ググッて容疑者の顔写真を見ましたが、どこかの爬虫類のイベントで見かけたような気もするんですよね・・・(気のせいかな?)

 大型ヘビやワニを許可なく自宅で飼っていたとして、警視庁亀有署は動物愛護法違反容疑で、埼玉県三郷市戸ケ崎の配管工、高橋俊太郎被告(38)=大麻取締法違反罪で起訴=を再逮捕した。同署によると容疑を認めている。

同署によると、違法に飼っていたのは全長約1・4メートルのヘビ「ボアコンストリクター」と約1・1メートルのワニ「メガネカイマン」でいずれもオス。冷凍マウスやウズラを解凍して食べさせていたという。それぞれ、人に危害を加える恐れがあるとして、飼育に都道府県知事の許可が必要な「特定動物」に指定されている。

高橋容疑者の自宅にはこのほかクモ、トカゲ、フクロウ、ウサギなど計24匹の動物が積み上げた水槽などの中で飼われていた。高橋容疑者は、「中学生ごろから飼い始めた。何年もかけて大きくするのが楽しみだった」と話している。

逮捕容疑は4月28日ごろ、自宅で許可なく特定動物2匹を飼っていたとしている。

高橋容疑者は4月、交際相手の女性に暴行したとして傷害容疑で逮捕されていた。女性はその後死亡。捜査員が家宅捜索した際に、動物のほか乾燥大麻を発見し大麻取締法違反罪で起訴された。

【出典】「大きくするの楽しみ」大型ヘビやワニを無許可で飼育 大麻所持で起訴の男を再逮捕 2016.6.8

ちなみに、メガネカイマンとは、この記事に貼った画像のワニです。

小型種で昔はペットとして、日本でも普通に飼えたんですよ。

有名なのが呉市のカイマンくん(このワニもメガネカイマンです)

呉市ワニのカイマン君が散歩したり保育園に招待されてるけど大丈夫?

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *