マツカサトカゲなど30匹(1,200万相当)を密輸しようとした日本人2人逮捕→禁錮刑!!(オーストラリア発)

スポンサードリンク

↑密輸されそうになっていたマツカサトカゲ達

こんばんは。ナイスミドル(自称)のたな(@tanacc)です。

昨年の9月頃から希少で高価な「マツカサトカゲ」が大量にショップに入ってきていて、値崩れしているのでは??っと思っていました。

大量入荷の陰には、もしや!以下の密輸が絡んでいたのかな???

詳細は以下よりご覧ください。

 【シドニー時事】オーストラリア在来種の希少なトカゲの密輸を企てたとして日本人の男2人が逮捕され、野生動物の密輸と虐待の罪に問われた裁判で、西オーストラリア州の地裁は14日までに、2人に有罪判決を下した。ABC放送などが報じた。
 トカゲを捕獲した主犯格のオカベ・ユキ被告には禁錮1年の実刑判決を言い渡した。ナカムラ・アキオ被告は密輸の補助的な役割だったと認め、執行猶予付きの禁錮6月とした。
 判決によると、パース国際空港で昨年9月、2人が預けたスーツケースからマツカサトカゲなどトカゲ30匹が見つかった。違法取引されると計13万豪ドル(約1200万円)前後の価値があるという。2人は罪を認めていた。

【出典】トカゲ密輸で邦人有罪=主犯に禁錮1年-豪地裁 2014/02/14

by カエレバ

スポンサードリンク

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *